これからすごいことになる日本経済 [単行本(ソフトカバー)]

By in メインフロア on 2013/06/30


公共事業で日本は救われる。阿部政権デフレ脱却へ。日本経済の復活を気鋭の経済評論家が完全分析。渡邉哲也  出版社: 徳間書店 (2013/1/18)
[amazonで見る]


目次より
第五章 これから日本経済に何が起こるのか
 日本をダメにした自由競争からの脱却
 メーカーよりも強くなってしまった日本の流通業界
 流通業の寡占化がデフレの一因
 脱原発、円高、デフレで日本の技術が失われる
 世界で日本だけが「自由競争」を強いられている
 グローバル化して凋落したソニー
 公共事業で日本は救われる
 阿部政権でデフレ脱却へ  
 日本に必要な大きな政府と対外的な強い姿勢
 いまこそ「護送船団方式」の復活が必要
 若年層への資産転移を進めよ
 日本経済の大復活が始まる
第四章 世界のマネーは今後こう動く
 円安はどこまで進むか
 ユーロのさらなる暴落危機
 IMFは単なる国家間の借金取り役
 ビジネルモデルのポイントになる水資源
 金相場と穀物相場は上昇基調が続く
第三章 中国・韓国の経済崩壊が始まった
 中国を悩ませる水問題と砂漠化
 外国企業の中国撤退が始まった
 外資に吸い尽くされる韓国の経済二重構造
 アベノミクスで確実となる中国、韓国の経済敗戦
 グローバリズムは終わらざるをえない
第二章 暴かれ始めた世界金融のインチキ
 コントロール不可能になった世界金融
 LIBOR不正操作事件が意味するもの
 格付けの嘘と矛盾
 失敗に終わるオバマのグリーン・ニューディール政策
 実体経済と雇用の悪化により世界で保護主義化が進む
 「グローバル化」で日本企業の自国切り捨てが進む
 日本のお花畑のグローバリストたち
第一章 新たな恐慌に向かう世界
 縮小する世界経済と大きな変化
 資源バブル崩壊からユーロ危機へ
序章 アベノミクスで日本は激変する
 日本の財政破綻はありえない
 2013年春から日本を襲う危機
 
「アベノミクス」で日本経済、世界経済は激変する!

安倍政権への期待から株高と円安が進行しているが、アベノミクスの本格始動で、いよいよ日本経済の大復活が始まる。
競争力を失った中国・韓国経済は没落、アメリカ・欧州も経済危機が迫り、日本の一人勝ちがやってくる!
だが、民主党政権時代に積み上がった負の遺産、さらには反安倍勢力による妨害が、日本を再び危機に陥れる可能性も否定できない。
世界で起きている大変化のなかで、アベノミクスは日本と世界にどのような影響を及ぼすのか、今後、世界のマネーはどう動くのか、そして、日本経済の黄金期はいつ訪れるのか?
気鋭の経済評論家が徹底分析!
デフレ脱却、1ドル100円も。「アベノミクス」で世界と日本は激変する。日本経済の復活を気鋭の経済評論家が完全分析。

Comments are closed.