開発者のためのChromeガイドブック [単行本(ソフトカバー)]

By in 予約本 on 2013/07/02


Chrome開発のすべてを解説する史上初の書籍 出版社: インプレスジャパン (2013/7/5)
[amazonで見る]


Googleの考えるウェブの未来、それは「ウェブはアプリケーションプラットフォームである」ということです。
Chromeブラウザにはウェブアプリケーションで従来の制約にとらわれない機能を実現するためのAPIが数多く用意されています。
加えて、Chromeウェブストアでは開発者がウェブアプリケーションを公開・配布できます。
また、Chromeのデベロッパーツールを利用すればこれらの開発/デバッグ環境として使用することさえ可能です。
本書はそのすべてを解説する史上初の書籍です!
著者について
●吉川 徹(よしかわ・とおる)
フリーランスのWebエンジニアとして活動中。html5jのスタッフとして、HTML5の最新動向を追うとともにHTML5の普及促進に務める。また、Google API Expert(Chrome)として、Chrome関連の情報発信も行なっている。その他、Webに関する講演や記事執筆、jQuery Mobile担当講師(allWebクリエイター塾)など。著書に『jQuery Mobileパーフェクトガイド』と『HTML5ガイドブック増補改訂版』(いずれもインプレスジャパン)がある。

●あんどうやすし
Google API Expert(Chrome)。株式会社ミクシィ所属。Google API Expert界のジェロニモとして日々研鑽を積む。口癖は「だってオラは人間だから」。愛読書は『DEATH NOTE』。著書に『Google Wave 入門 』(日経BP社)などがある。

●田中 洋一郎(たなか・よういちろう)
LINE株式会社所属。Google API Expert(Chrome)。Mash up Award 3rd 3部門同時受賞。書籍『OpenSocial入門 』、『mixiアプリ開発&運用コンプリートブック』(いずれも技術評論社)を執筆。SIerをいくつか経験後、mixi Platformの技術統括を行い、日本でのソーシャルアプリケーションの技術的な基礎を構築した。現職ではLINE Platformを担当し、メッセージングの分野で新しい世界を作るべく奮闘中。プライベートでいくつかChrome拡張機能をリリースし、各国で利用されている。

●小松 健作(こまつ・けんさく)
1972年生まれ。NTTコミュニケーションズにてネットワークとWebとの関わりや、インタラクティブマルチデバイスWebサービスに関する研究開発・標準化活動に従事。Google API Expert(HTML5)、Microsoft Most Valuable Professional(Internet Explorer)。著書に『徹底解説HTML5 APIガイドブック コミュニケーション系API編』(秀和システム)、『JavaScriptコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために』(共著、MdN)などがある。

Comments are closed.