プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 カーニハン リッチー

By in レジ裏 on 2013/07/03


1988年末に提出された、アメリカのANSI規格により定義されたCについて述べる。 出版社: 共立出版; 第2版 (1989/6/15)
[amazonで見る]


Cによるプログラミングは,これまで自由度がありすぎて危険だとよくいわれてきたが,ANSI規格によって改良された結果,Cによるプログラミングの安全性は大いに向上した。これでCの寿命は一段と長くなり,Cは今後ますます広く使われることになるであろう。

本書は,アメリカの標準規格として1988年末に提出されたC言語のANSI規格にもとづいて第1版を全面的に書き直した新版である。ごく常識的に言えば,C言語はリッチー博士がベル研で1973年に開発して以来,多くのプログラマに使われているから,その仕様変更はちょっと不可能ということになるが,アメリカはあえて,そのCの仕様変更・機能拡張をやってのけた。これでCが近代的なプログラミング言語としてよみがえったのだからすばらしい。
本書の付録Cの要約でもわかる通り,ANSI規格による変更(機能拡張)はそう大幅なものではないが,重要な改良点を多く含んでいる。

Comments are closed.