これでいいのだ怠けの哲学 (ヴィレッジブックス) [文庫]

By in 海外コーナー on 2013/07/03


イギリスの雑誌、その名も『アイドラー(怠け者)The Idler』編集長が、午前8時の起床から午前7時の夢の時間まで、一日24時間怠け者は何をすべきかを指南。
出版社: 中経出版 (2013/2/9)
[amazonで見る]


仕事は最小限に、楽しみは最大に!
もうこれ以上、働きたくないあなたへとっておきの方法教えます
ヒマな時間は大切である。活力を生み精神を充実させるからだ。
イギリスの雑誌、その名も『アイドラー(怠け者)』編集長が、午前8時の起床から午前7時の夢の時間まで、一日24時間怠け者は何をすべきかを指南。午前10時、愚か者が仕事をしている頃に二度寝を楽しみ、午後4時、金の亡者が眠気覚ましのコーヒーを飲む頃には優雅なお茶の時間を過ごす。これが人として正しい姿であり、自由でいるというものだ。
仕事ばかり重視されるのはおかしい、人生を謳歌せよと説く一冊!

Comments are closed.