早起き人口に向けた早朝ビジネスの 商機とロングテール客 http://www.jnews.com/

By in 工事中エリア on 2013/07/03

総務省の社会生活基本調査によると、60~65歳で朝6時までに起床している人達の割合は約44%で、その約3割の人が5時前に起床している。

朝起きてからの時間の使い方は様々だが、これから早起き人口は益々増えていくことになりそうだ。

ところが、消費者にサービスを提供する業者側では、早朝から営業をしているケースが非常に少ない。コンビニを除いた小売店舗では開店時間が午前10時というのが一般的である。深夜の営業に力を入れる業者は多いが、早朝の商機についてはノーマークという状態。written in 2008/4/13 http://www.jnews.com/eco/2008/007.html

Comments are closed.