ねぼけ人生 (ちくま文庫) [文庫]

By in メインフロア on 2013/07/08


したたかな日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。出版社: 筑摩書房; 新装版 (1999/07)
[amazonで見る]


陽気な落第生だった少年時代、ラバウルで死の淵をさまよい片腕を失った戦争の時代、赤貧のなかで紙芝居や貸本マンガを描き続けた戦後、そして突然訪れた「鬼太郎」と妖怪ブームの中で締め切りに終われる日々。波爛万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた、したたかな日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。

Comments are closed.