洗濯物折り畳みロボ PR2

By in 工事中エリア on 2013/07/09

(50X) Autonomously folding a pile of 5 previously-unseen towels

http://www.cs.berkeley.edu/~pabbeel/papers/Maitin-ShepardCusumano-TownerLeiAbbeel_ICRA2010.pdf


http://www.designinterface.jp/projects/Foldy/

http://www.willowgarage.com/pages/pr2/overview

PR2の研究コミュニティが16機関に拡大、米Willow Garageが公表
11月8日にはオープンソースコミュニティ「ROS.org」に向けライブラリやパッケージを提供するレポジトリが50以上あり、50体以上のロボットがROSを実装しているとの見方を示し、また、8月に「ROS C Turtle」をリリースして以来、1万5,000以上のユーザーが、10月には6,000以上のユーザーがインストールしたことを明かしている(「Happy 3rd Anniversary,ROS!」より)。ROSコミュニティの急成長を背景にPR2の普及拡大が見込まれる。

米Willow Garage、プラットフォームロボを40万米ドルで販売、割引特典も提供
●PR2研究コミュニティ (☆印は新たに加わった研究機関)
《米国》
・ボッシュ研究所:新しいセンサシステムの開発と参加機関への提供
・ジョージア工科大学:高齢者支援ロボットの研究
・マサチューセッツ工科大学:人と共存環境での安全な移動や自然言語による対話など
・スタンフォード大学:物体の認識やテーブルの片づけなど
・カリフォルニア大学バークレー校:衣服の洗濯からたたむ作業まで一貫作業へのトライ
・ペンシルベニア大学:動的障害物があるなかでの行動計画など
・南カリフォルニア大学:模倣によるスキルの習得から各種ライブラリの構築など
・ワシントン大学☆
・ジョージ・ワシントン大学☆
・Willow Garage

《欧州》
・フライブルク大学(ドイツ):片づけロボットの開発
・ミュンヘン工科大学(ドイツ):複雑なキッチン作業を行うための認識したデータの抽象化・意味づけ
・ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー):各種ツールやライブラリの開発、人とPR2との協働作業など
・仏国立科学研究センターLAAS研究所(LAAS-CNRS)☆

《アジア》
・東京大学情報システム工学研究室:日常生活を支援するロボットの開発、複数ロボットによる協調作業
・サムスン電子☆

Comments are closed.