ミメーシス―ヨーロッパ文学における現実描写〈上〉 (ちくま学芸文庫) [文庫]

By in メインフロア on 2013/07/13


リアリティのリテラシーの歴史をたどる。 佐藤清文
[amazonで見る]


ホメーロス(『オデュッセイア』)にはじまってヴァージニア・ウルフ(『灯台へ』)にいたる三千年におよぶヨーロッパの文学作品。この豊饒な流れから具体的なテクストをえらび、文体美学の分析批評方法を駆使しながら現実模写・描写―、ミメーシスを追求する。全二十章のうち、本巻ではホメーロスからラ・サールまでの十章を収録。

Comments are closed.