アフリカビジネス [大型本]

By in 予約本 on 2013/07/17


この10年で、アフリカは資本主義のラストリゾートに変貌しました。本ムックでは、急速に立ち上がる消費市場としての現状や挑む日本企業の苦闘、アフリカ54カ国の解説やデータ分析などを掲載、
アフリカの将来に迫ります。
[amazonで見る]

「絶望の大陸」と呼ばれてきたアフリカ大陸。だが、この10年で、アフリカは資本主義のラストリゾートに変貌しました。
今後、アフリカは資源やサービス産業を牽引役に、世界トップクラスの発展に突き進むことは間違いありません。
しかも、経済発展にともなって中間層の増加が見込まれるうえに、世界に散らばった優秀な頭脳も戻りつつあります。
それを見越して欧米の企業も進出を急いでいます。

日本企業にとって、アフリカ大陸は地理的に遠く、身近な存在とは言えません。
だが、アジアの次を考えた時、若さと希望にあふれた人類最後の「10億円フロンティア市場」をみすみす見逃すべきではありません。
中国や欧州勢に比べて出遅れ気味の日本企業がどう巻き返すのか。過酷な条件下での弱肉強食の椅子取りゲーム――。
残された時間は少ないのです。

本ムックでは、急速に立ち上がる消費市場としての現状や挑む日本企業の苦闘、アフリカ54カ国の解説やデータ分析などを掲載、
アフリカの将来に迫ります。

Comments are closed.