ディジタル・デザイン・テクノロジ No.10 画像処理システム開発に挑戦: カメラから取り込んだ画像をメモリ・カードに記録する方法

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/17


 組み込み機器の開発におけるシステム設計の考え方を,事例を用いて解説します.題材にするのは,“簡易デジカメ”です.カメラ・モジュールから取り込んだ画像データに対し,画像処理を行って,表示や記録をします.画像のように大きなデータを効率良く処理するためには,ハードウェア・システムの構成をよく考えて設計することが重要になります.
[amazonで見る]

画像処理システム開発に挑戦
カメラから取り込んだ画像をメモリ・カードに記録する方法
森岡 澄夫   
プロローグ
システム回路設計へのいざない
pp.2-9
第1章
入出力デバイスのインターフェースの知識
――回路の中でデータを流す方法を考える
pp.12-20
第2章
全体アーキテクチャの設計
――データの流れを思い描いて構成を検討する
pp.21-30
第3章
システム全体を制御する方法
――全体を見ながら部品同士の話のさせ方を考える
pp.31-42
第4章
機能モジュール間の接続方法
――部品の機能とインターフェースを整理する
pp.43-54
第5章
HDLによる実装の基礎知識
――RTLコードの記述の仕方を覚える
pp.55-67
第6章
カメラ・モジュール制御部の実装
――クロック単位の動作を詰めていく
pp.68-81
第7章
カメラ・モジュール初期化部の実装
――センサでよく使われるI2Cバスを制御する
pp.82-92
第8章
SDRAM制御部の実装
――メモリを読み書きする回路を設計し動作タイミングを見直す
pp.93-105
第9章
液晶表示モジュール制御部の実装
――画像サイズの変更と画像フォーマットの変換を行う
pp.106-114
第10章
SDカード制御部の実装
――複雑な制御を行う回路の設計に挑戦する
pp.115-127

Comments are closed.