大津絵両国(柳家枝木郎) 明治大正夢の名人寄席

By in レジ裏 on 2013/06/19


ノイズの奥から聴こえる噺のこのビートはなんだ,とまずおどろくがよい。
[amazonで聴く]

ノイズの奥から聴こえる噺のこのビートはなんだ,とまずおどろくがよい。伝説の断片的な記録というよりも,失なわれた活力をこそ聴き取りたいという気がしてくる。名人と冠しても偽りのない幻の息吹き。続編を,もちろん望みたい貴重な企画だ。

トンカツ音楽の父 大津絵両国

Comments are closed.