孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/21


前野/ウルド浩太郎
1980年生まれ。神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了、博士(農学)。サバクトビバッタの生態を明らかにすべく、サハラ砂漠にてフィールドワーク中。日本学術振興会海外特別研究員としてモーリタニア国立サバクトビバッタ研究所に赴任。2011年日本応用動物昆虫学会奨励賞受賞、井上科学振興財団奨励賞受賞。2012年山下太郎学術研究奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)出版社: 東海大学出版会 (2012/11)
[amazonで見る]

Comments are closed.