限界集落

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/22


全国の山間部・島しょ部でいま65歳以上のお年寄りが半数を超える集落約7900。防災、教育、医療、公共交通の機能が損なわれ、農林業は廃れ、里が荒れている。菊池寛賞受賞のテレビ報道記者が岡山・鳥取県境の過疎の集落を3年間密着取材。たくましく生きる人たちを通して日本人の“心の過疎”に迫る渾身の力作ノンフィクション。出版社: 日本経済新聞出版社 (2010/4/23)
[amazonで見る]

瀬戸大橋開通で「置き去り」にされた島への産廃不法投棄報道で菊池寛賞を受賞したテレビディレクターが、平成の大合併で「置き去り」にされた「限界集落」に迫る。地方行政の陰に光を当てる渾身のルポルタージュ。

過疎化と限界集落、地域性崩壊

Comments are closed.