永遠の0 (講談社文庫) [文庫] 百田 尚樹

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/26


「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

[amazonで見る]

Comments are closed.