ジョルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』 白水社

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/26


資本制社会を経巡る革命的主体の、覚醒せる意識が導く偉大なる冒険!
[amazonで見る]

俗流マルクス主義によって平板化され、人間的実践という中核を骨抜きにされたマルクスの弁証法を主体的人間の実践を貫くものとして再建することをめざした問題の書。1919年にハンガリー革命に参加、その挫折を目撃したルカーチの知的生命を賭けた自己確証の姿が、見事に浮き彫りにされている。

Comments are closed.