太陽光発電市場・部材の実態と将来展望―メガソーラー・太陽光発電市場実態/予測・住宅用太陽光発電・関連部材〈2013〉 (未来予測・将来展望シリーズ)

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/30


本資料は、太陽光発電システム市場について、メガソーラー、太陽光市場動向・予測、関連部材動向、関連メーカーの動向など踏まえ、コンパクトな1冊(200P)にまとめたものです。出版社: 日本エコノミックセンター (2013/2/6)
[amazonで見る]

2012年7月から、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度がスタートしています。この制度は太陽光や風力などの自然エネルギーを利用した発電の普及促進を狙っており、これによって石油や天然ガスなど化石燃料の使用削減や、温暖ガスである二酸化炭素(CO2)の排出抑制を図ります。同制度の実施で、エネルギー自給率の向上や、売電ビジネス参入企業の拡大など関連産業の育成、新たな環境技術創造への期待も高まっています。同エネルギーは、自然に存在するエネルギーを利用します。なお、全量買い取り価格は現在1kWh当たり42円ですが、2013年度より30円後半に見直しされる模様です。太陽光発電は、政府の補助金制度によって家庭でも設置する件数が増えているほか、企業でも工場やビルの屋上などのスペースを利用して太陽光パネルを設置、省エネが進められています。また、広いスペースが利用できれば、数多くの太陽光パネルを設置して大規模発電設備、「メガソーラー」が設置できます。設置面積に応じた発電ができるという特徴もあって、空前のブームとなっています。
本資料は、太陽光発電システム市場について、メガソーラー、太陽光市場動向・予測、関連部材動向、関連メーカーの動向など踏まえ、コンパクトな1冊(200P)にまとめたものです。

Comments are closed.