オープンソースソフトウェア―彼らはいかにしてビジネススタンダードになったのか

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/07/31


寄稿者としては,Linuxを最初に開発し現在も先頭に立ってその開発を牽引しているリーナス・トーバルズをはじめ,オープンソース・ソフトウエアという言葉が生まれるはるか以前から「自由なソフトウェア(フリーソフトウエア)」を提唱してきたリチャード・ストールマン,レッドハット社を設立しオープンソースのLinuxでビジネスが成立することを実証しようとしているボブ・ヤング,そしてオープンソース・ソフトウエアによるビジネスで最初に大きく成功した企業として知られる,シグナスソリューションズ社(昨年レッドハット社に買収された)のマイケル・ティーマンなど,そうそうたるメンバーが名前を連ねている。外側から遠巻きに眺めているだけのジャーナリストやアナリストとは違って,自ら当事者としてオープンソース・ムーブメントを作ってきた人たちだけに,彼らの言葉の一つひとつには経験に裏付けられた重みがある。
[amazonで見る]

Comments are closed.