Object Oriented Forth

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/08/04


フォースの真剣な利用者は、言語は”記述のみ”のプログラミングを奨励するという批判に気がつくだろう。ディック・ポウンテーンはこの本の中で、この描写がすぐに時代遅れになるであろうことを示した。データ構成を構築する系統的なアプローチは、再利用可能でデバグ(修正)済みでテスト済みのコードのモジュールに到達する。あなたが熱心なアマチュアか新しく複雑な精密機械管理に巻き込まれた専門家であろうと、もしくは、あなたが家庭用コンピューターを利用しているか大きく高性能のものを利用してに関わらず、全てのフォースプログラマーと作成者はこの本を読むべきである。
—-
Serious users of Forth will be aware of the critic’s jibe that the language encourages “write-only” programming. Dick Pountain shows in this book how this description might soon become outdated: a systematic approach to building data structures can result in reusable, debugged and tested modules of code. Whether you are an enthusiastic amateur or a professional involved in new and complex instrument control, or whether you use a home computer or a large and powerful one, every Forth programmer and implementer should read this book.
[amazonで見る]

Comments are closed.