ISO 12207 ソフトウェア ライフサイクル標準

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/06/20

“www.math.unipd.it-~tulli...enti-ISO_12207-2008.pdf”のプレビュー
ISO 12207 とは、国際標準化機構(ISO) によるソフトウェアのライフサイクル全般についての標準である。

ISO 12207 ではソフトウェアのライフサイクルを定義しており、システム上のサービスの入手や構成に関わる活動やプロセスも含まれる。各プロセスには必ずその出力となるものが定義されている。実際には 23種類のプロセス、95種類の活動、325種類のタスク、224種類の出力(成果物)が定義されている。

Comments are closed.