皺 (ShoPro Books) [単行本]

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/06/21


スペイン発、「老い」と向き合った話題のコミックがついに日本上陸 出版社: 小学館集英社プロダクション (2011/7/29)
[amazonで見る]


息子夫婦に連れられ、老人ホームに入ることになった元銀行員のエミリオ。そこでは、たくさんの老人たちがそれぞれの「老い」を生きていた。やがて彼らは「アルツハイマー」という残酷な現実と向き合うことになり……。大切な人の顔も、思い出さえも、なにもかもが失われていくなかで、人生最後の日々に人は何を思うのか――。 まさに一本一本刻まれた「しわ」のように、さりげない描写を静かに積み重ね、2007年にフランスで刊行されるや話題となった表題作『皺』の他、スペイン内戦を背景に灯台守の老人と青年兵士の交流を描いた短編『灯台』を収録。

かなしいのに、どこかあたたかい。 物語の最後。あんなに美しく悲しい2ページを他に知りません。 ――えすとえむ(漫画家

【6/22しわ公開】海外マンガ「バンド・デシネ」が静かなブーム

Comments are closed.