本邦初いや世界初? Firefox OSアプリ開発ガイド [単行本(ソフトカバー)]

By in 新刊コーナー on 2013/06/22


ついにWebがプラットフォームになる!
Firefox OSの概要からアプリ開発の手順、そして実機への焼き込みの方法まで網羅した本邦初の本格的解説書。 リックテレコム (2013/6/10)
[amazonで見る]


Firefox OS は2013年2月、バルセロナのMWC(Mobile World Congress)会場に登場。
iPhone、Androidに次ぐスマホ向け「第三のOS」として、各国の通信キャリア、端末メーカー、ソフトウェアベンダの期待を集め、日本ではauが採用を表明しています。

世界が注目する理由は、次の3点にあります。

1幅広い層の開発者が参集:Web(ブラウザ)上で動くOSなので、Webデザイナの人たちを含め、HTMLとJavaScriptの知識だけでアプリケーションを開発できる。

2Androidとの親和性が高い:Firefox OSの下位レイヤは、Androidとほぼ同一。
実機がなくてもAndroid4.0以上の端末であれば移植が可能。

3サクサク動く:プログラムの構造を単純化しているので、少ない端末リソースでも軽快にアプリが動く。

本邦初の本格的解説書である本書は、Firefox OSの概要からアプリ開発の手順、そして実機への焼き込の方法までを網羅。
開発元であるMozillaコミュニティのエバンジェリスト陣が贈る開発者必携の一冊です。

本書は、Firefox OS の黎明期より、その可能性に注目し、テクノロジーエバンジェリズムを日本で行ってきた素晴らしいメンバーによって執筆されています。
アプリ、Web、組み込みシステム開発を行うエンジニアの方はもちろん、ビジネスに携わる方、モバイルユーザの皆さんにもぜひ本書を手に取っていただき、このFirefox OS の可能性・新しい未来を描いていただければと思います。
「刊行に寄せて」より(抜粋)  瀧田 佐登子(Mozilla Japan代表理事)

Comments are closed.