フードゥー・ムーンの下で ドクタージョン自叙伝

By in ロドリゲス書房倉庫 on 2013/06/23


ニューオリンズ ファンキー・サウンドの猛者 ドクタージョンの自伝 出版社: ブルースインターアクションズ (1994/09)
[amazonで見る]

ドクター・ジョンは、アメリカの音楽に計り知れない影響を及ぼしたニュー・オーリーンズで、ミュージシャンのたまごとしてロックンロールの誕生を目撃し、以降古里のユニークなファンキー・サウンドを自己流に色々と料理し、いくつかの名作を残しながら現在に至っている。その半生を極めて率直に語った自伝。

Comments are closed.