結果

基材レス導電性フィルムは、3次元に曲がったり、伸びたりします。 PETなどの基材がないので、とてもフレキシブルです。 導電テープとして使用すると、曲線が貼れます。 絶縁基材がないので、裏~表も導通です。 電磁波シールド用テープとしてや、ケーブルの電磁波シールド用チューブ などの代替、成形用電磁波シールドフィルム(真空・圧空成形など) として、お使いいただけます。プラスコート株式会社

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820130603cbaj.html

やっぱあんのか 価格: ¥ 85,000 [amazonで見る]

生活支援ロボット(Human Support Robot) トヨタ、家庭内の自立生活をアシストする生活支援ロボットを開発  HSRの直径は370mmで、高さは830~1,330mmまで昇降する。腕の長さは775mm、肩の高さは506~1,006mm。重量は32kg。把持できる物は重量1.2kg以下、幅130mm以下。最大速度は時速3km。走破性能は段差9mm、登坂は5度まで。

 なおHSRは、9月26日から28日まで、東京ビックサイトで開催される「第39回 国際福祉機器展 H.C.R.2012特別企画『福祉機器開発最前線』」にて、参考出品される。 2012年9月21日 17:23

http://www.ros.org/wiki/pr2_simulator

http://www.ros.org/wiki/pr2_simulator/Overview

http://www.ros.org/wiki/pr2_simulator/Tutorials https://github.com/morse-simulator

40万ドルのパーソナルロボット「PR2」、米ベンチャーが発売 米ロボットベンチャーWillow Garageは9月7日、パーソナルロボット「PR2」の一般販売を開始した。価格は40万ドル。オープンソースコミュニティーの貢献者には、12万ドルの割引を提供する。  PR2は全方向に移動できる胴体に2本のアーム、カメラやセンサー、Wi-Fiを備えた自律型ロボットで、これまでは研究機関などに提供されていた。8コアXeonプロセッサ、24GバイトのRAM、2TバイトHDDを備えたサーバ2基を内蔵している。ユーザーはオープンソースのソフトウェアライブラリや開発ツールを使って、ニーズに合わせてカスタマイズできる。

PR2 Robot System Price Including Two arms + grippers Omnidirectional mobile base Sensor suite (mono-stereo with texture projector, wide field of view color stereo, 5MP camera, tilting LIDAR, base LIDAR, IMU, pan/tilt platform, forearm cameras, gripper tip sensors) 2 x onboard Xeon servers (each server: 8 cores i7, 24GB RAM, 2TB disk) Power system (onboard chargers, 1.3 kWh battery system) Full system EtherCAT motion control network Full system Gigabit Ethernet network with 32GB backplane switch Dual radio WiFi Wireless Run-Stop system Base station

(50X) Autonomously folding a pile of 5 previously-unseen towels

http://www.cs.berkeley.edu/~pabbeel/papers/Maitin-ShepardCusumano-TownerLeiAbbeel_ICRA2010.pdf http://www.designinterface.jp/projects/Foldy/

http://www.willowgarage.com/pages/pr2/overview

PR2の研究コミュニティが16機関に拡大、米Willow Garageが公表 11月8日にはオープンソースコミュニティ「ROS.org」に向けライブラリやパッケージを提供するレポジトリが50以上あり、50体以上のロボットがROSを実装しているとの見方を示し、また、8月に「ROS C Turtle」をリリースして以来、1万5,000以上のユーザーが、10月には6,000以上のユーザーがインストールしたことを明かしている(「Happy 3rd Anniversary,ROS!」より)。ROSコミュニティの急成長を背景にPR2の普及拡大が見込まれる。

米Willow Garage、プラットフォームロボを40万米ドルで販売、割引特典も提供 ●PR2研究コミュニティ (☆印は新たに加わった研究機関) 《米国》 ・ボッシュ研究所:新しいセンサシステムの開発と参加機関への提供 ・ジョージア工科大学:高齢者支援ロボットの研究 ・マサチューセッツ工科大学:人と共存環境での安全な移動や自然言語による対話など ・スタンフォード大学:物体の認識やテーブルの片づけなど ・カリフォルニア大学バークレー校:衣服の洗濯からたたむ作業まで一貫作業へのトライ ・ペンシルベニア大学:動的障害物があるなかでの行動計画など ・南カリフォルニア大学:模倣によるスキルの習得から各種ライブラリの構築など ・ワシントン大学☆ ・ジョージ・ワシントン大学☆ ・Willow Garage

《欧州》 ・フライブルク大学(ドイツ):片づけロボットの開発 ・ミュンヘン工科大学(ドイツ):複雑なキッチン作業を行うための認識したデータの抽象化・意味づけ ・ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー):各種ツールやライブラリの開発、人とPR2との協働作業など ・仏国立科学研究センターLAAS研究所(LAAS-CNRS)☆

《アジア》 ・東京大学情報システム工学研究室:日常生活を支援するロボットの開発、複数ロボットによる協調作業 ・サムスン電子☆

Top