モース、フェノロサ、岡倉天心らが深く関わり、秀逸な肉筆画浮世絵のコレクションを形成したボストン美術館。別巻は、鳥居清信「好色花合せ」をはじめとする春画の名品を紹介する。 門外不出のコレクションから、優品を厳選。12図を基本型とした春画巻を中心に、画帖・掛輻装の珍品など、16作品約90図を収録。一流の絵師が注文を受けて制作した、最高の技倆を示す貴重な研究資料。 [amazonで見る]

田中 優子 春画では、女性の裸体だけが描かれることはなく、男女の絡みが描かれる。男性のための女性ヌードではなく、男女が共にそそられ、時に笑いながら楽しむものだったと考えられる。また、性交場面を際立たせるために、顔と性器以外は、衣装で隠された。「隠す・見せる」「覗き」等の視点から、江戸のエロティシズムの仕掛けが明らかになる。図版豊富。 [amazonで見る]

四十余年の歳月をかけた「つのだコレクション」より、出版社: ソフトバンククリエイティブ (2007/3/1) [amazonで見る]

48手春画トランプは日本での発売に先駆けて海外で発表され、その芸術性と話題性が高い評価を得ました。 [amazonで見る]

春画」を題材に江戸時代の奔放な性の真相を探る [amazonで見る]

葛飾北斎の最高傑作『浪千鳥』などの名作から司馬江漢の知られざる作品まで、130作品・図版250点を収録。 [amazonで見る]

日本のエロティック・アート、「春画」のユーモアと人間味あふれる世界を紹介。 [amazonで見る]